isana TOP > サービス紹介 > 機能紹介『FAXの自動振り分け』

isanaの自動振り分け機能

FAXの振り分け作業にお困りではありませんか?

受信したFAXを担当者へ手作業で振り分ける作業は、多くの手間と時間がかかります。
isanaの自動振り分け機能を利用すれば、振り分け作業の時間をゼロにすることも可能です。

自動振り分けの利用イメージ

isana内に作成可能なフォルダには、個別で振り分け条件を設定することができます。
設定を行うと、FAXの受信時に自動でフォルダへの振り分けを行います。
振り分け条件には、相手先FAX番号や受信機器情報等を指定できます。

見積書や受領書ごとなど、帳票フォーマットや書類形式の種類による自動振り分けも可能。受信したFAXだけでなく、メールやスキャナで取り込んだ文書についても、自動で振り分けることができます(※)
※クラウドOCR「Parcel(パーセル)」と連携した場合
 ⇒クラウドOCR「Parcel」ホームページ

FAXの自動振り分け

自動振り分けで設定できる項目

振り分け条件は次の項目から選択できます。(複数設定可)

相手先FAX番号相手先のFAX 番号を振り分け条件とします。
相手先TSID相手先のTSIDを振り分け条件とします。
受信FAX番号受信側のFAX 番号を振り分け条件とします。
受信機器情報受信機器の端末情報を振り分け条件とします。
ポートWebDAV接続時の受信機器側のポート情報を振り分け条件とします。
受信方法文書の受信方法を振り分け条件とします。
受信方法にはWebDAVや汎用メール などを設定できます。
詳細はお問い合わせください。
振り分け文字列任意の文字列を振り分け条件とします。
会社名連絡先に登録している会社名を振り分け条件とします。
連絡先メモ連絡先に登録している連絡先メモを振り分け条件とします。
取引先コード連絡先に登録している取引先コードを振り分け条件とします。

振り分け条件は、フォルダごとに複数設定することができます。

FAXの自動振り分け

クラウドOCR「Parcel(パーセル)」と連携した自動振り分けをする場合は、上記のほか、別途設定する項目がございます。詳細はお問い合わせ願います。

FAX自動振り分け機能を利用されているお客様事例

クラウド型FAX受注システムにおける豊富な実績のもと、お悩みやご要望にお応えします。

お電話でのお問い合わせ

株式会社エディックワークス

東京本社

03-6870-6902

大阪支店

06-7669-4276

名古屋支店

052-856-9632

Webからのお問い合わせ