isana TOP > サービス紹介 > 機能紹介『FAXの共有』

拠点間でFAX情報を共有し業務を効率化

拠点間の情報共有や情報集約を効率化したいお客様にオススメ

isanaは受信したFAXをクラウド上に保存するので、インターネットへ接続可能であればどこからでもFAXの確認や返信等の操作を行うことができます。

複数の拠点をお持ちの場合、各拠点の受信FAXをisanaへ集約することで、同じ情報を他拠点のユーザーと同時に閲覧することができ、簡単に情報共有を図ることが可能です。

また、一部のユーザーには拠点ごとのフォルダにアクセス制限を設定して他拠点のFAXを閲覧不可にしたり、操作権限を設定して閲覧のみのユーザーを作成したりするなど、共有と制限を組み合わせることも可能です。業務の流れに合わせて、ミスを防止しながら業務効率化できる体制の構築を実現します。

FAX共有とアクセス権限

使い方の提案

  • 全国の店舗ごとの受信箱を作成し、受発注書類をisanaへ集約する。
    アクセス制限により他店舗の情報は閲覧不可だが、本社の担当者のみ各店舗の情報を閲覧できる。
  • 各支店から本社への連絡をisanaで管理する。
    アクセス制限を設定せずに他支店の情報も閲覧できる状態にすることで、情報共有を効率化する。

FAX共有機能を利用されているお客様事例

他にもこのような課題でお困りではありませんか?

クラウド型FAX受注システムにおける豊富な実績のもと、お悩みやご要望にお応えします。

お電話でのお問い合わせ

株式会社エディックワークス

東京本社

03-6870-6902

大阪支店

06-6204-6901

名古屋オフィス

052-269-8045

Webからのお問い合わせ