isana TOP > 事例と提案 > isanaの受注シーン別ご提案 > メールとFAXの両方で文書を受信している企業様へのご提案

メールとFAXの両方で文書を受信している企業様へのご提案

自動振り分けFAX共有

メールとFAXの対応や管理にお困りのお客様へ

  • 受注の処理・管理体制を簡略化したいお客様
  • お取引先から送信されたメール文書を、FAX文書と一緒に管理したいお客様
  • メールとFAXの二重対応や対応漏れが心配なお客様
メールとFAXの受注対応や管理にお悩みではないですか?

お客様へのご提案

受注の処理・管理体制を簡略化したいお客様
お取引先から送信されたメール文書を、FAX文書と一緒に管理したいお客様
メールとFAXの両方をisanaで確認することができます。
isana上で、受信文書へのコメント保存や転送機能、isana間通信といった機能を用いることで、複数人による業務の引き継ぎや情報共有をスムーズに行うことができます。
メールとFAXそれぞれの状況がわからず、二重対応や対応漏れにお困りのお客様
受信したメールやFAXの情報をisanaに集約して、それぞれの対応状況を一元管理できるので、二重対応や対応漏れ、対応遅延を防ぐことができます。
isanaを利用することで、メールとFAXを一元管理し、業務を効率化することが可能になります。

受信メールをisanaで取得する方法や、文書の振り分け設定などの詳細は、
メール(SMTP)を利用した接続方法をご覧ください。

※isanaによるメール文書情報の取得は添付ファイルのみとなります。
 メールの件名や本文はデータ取得対象ではありませんので、ご注意ください。

関連するページ

機能紹介『自動振り分け』

受信したFAXを予め設定した条件で自動振り分けすることが可能。仕分け作業をゼロにすることができます。

機能紹介『FAXの共有』

本社と支社、工場など離れた拠点間でFAXを共有することが可能。情報共有や集約を効率化できます。


FAX業務のお困りごとや実現したいこと、
機能の詳細など、お気軽にお問い合わせください。