isana TOP > 事例と提案 > isanaのご導入事例 > サービスごとに自動振り分けし、手作業の仕分け負荷を削減

サービスごとに自動振り分けし、手作業の仕分け負荷を削減

ペーパーレスリスク管理自動振り分け

インターネットプロバイダー企業様のisanaご導入事例

isanaご導入前の状況

インターネットプロバイダー企業様のコールセンター部門では、個人のお客様への督促業務で支払い確認書類をFAXで受け取っていました。
複数のサービスの支払い確認を1つの部門で行っていること、毎月のFAX受信枚数が約5,000枚にもなることから、コールセンター部門長様はペーパーレスな業務運用の新規構築を検討されていました。

サービスごとにFAXを自動で振り分け、業務を効率化したい

1つの部門で複数サービスの回収業務を行っているため、少ない担当者で効率的に業務を遂行することが求められており、FAXがサービスごとに自動的に仕分けられる仕組みの実現を強い要望として挙げられました。

FAX原本の紛失リスクを解消したい

1ヶ月のFAX受信枚数は約5,000枚にもなるため、FAX原本の紛失が懸念されていました。
部門長様は、紛失のリスクを業務のシステム化により解決することをお考えでした。

受信したFAXの仕分け作業にお困りではありませんか?

isanaご導入の効果

自動振り分け機能による仕分け業務の削減

isanaに各サービスの受信番号による振り分け条件を設定することで、受信したFAXがサービス担当者のみが閲覧できる受信ボックスへと自動的に振り分けられる仕組みを構築しました。
受信したFAXを手作業で振り分ける作業を削減し、業務の効率化を実現しました。

FAXをクラウドサービス上で管理することで、紛失の無い業務を実現

isanaでは受信したFAXを電子データ化しクラウド上で管理しますので、FAX原本の紛失が発生しない安全な業務運用が可能となりました。

自動振分機能でFAXの仕分け作業の負荷を軽減します。

関連するページ

機能紹介『自動振り分け』

受信したFAXを予め設定した条件で自動振り分けすることが可能。仕分け作業をゼロにすることができます。


FAX業務のお困りごとや実現したいこと、
機能の詳細など、お気軽にお問い合わせください。